FC2ブログ
オンラインゲームUOの倭国での日々を綴った日記です。 脱力系だらだら日記。実用性の高い情報成分は含まれておりませんのでご注意ください
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 クリーナップキャンペーン2008
2008年04月25日 (金) | 編集 |
発表されましたね、話題の交換最新情報。
パブ52では家の建築の仕様変更、派閥関連の変更、栽培植物の追加などなど他にも気になる項目は多いですが、やはり気になるのは交換について。
なんとなく以前のクリーンナップを思い出しますね、と古参と話をしたりしてましたが、そのまんまのネームですねw
システムとしては通常の奉納とは違うようで、
対象品を奉納→ポイントチケット発行→ポイントチケット奉納→ポイント獲得→対象品獲得
といった段階をふむようで。読んだ限りではまとめて奉納してポイントをチケットにかえて保管しておいて、後ほどアイテムに換えるということもできそうですね。

肝心の交換品について。パラリシャン様より引用
◎クリーンナップブリタニア2008用コミュニティーコレクションアイテム
○Shirt
・1つのフレーズを選ぶことが出来ます。
・ブレス属性です。
・染色可能です。
○Nocturne Earring
・シルバー色です。
・ナイトサイトの効果が付属します。
○RBG Sashe
・Royal Britannia Guardのサッシュです。
・徳/街ごとに1つの色があります。
・ブレス属性です。
○スキル上昇スクロール(Scroll of Alacrity)
・これまでのスキル上昇スクロールと効果などは同じです。
・どのスキルのスクロールが得られるのかはランダムです。
○Sherry the Mouse Statue
・Sherry the Mouseの大理石のスタチューです。
・パブリッシュ53でタウンクライヤーの機能が付くようになります。
○Snake Skin Boots
・蛇革の色からランダムに色が決定されます。
・毒抵抗+2の効果があります。
○Knight’s Armor
・白色です。
・6パーツで、それぞれのパーツには属性抵抗値7%、HP+1が付属します。
・6パーツ合計で属性抵抗値42%、HP+6になります。

◎交換受付NPC
○Makiko the Samurai
・ゼントのロクオンカルチャーセンターの1階にいます。
・Ophidian Journal、Ophidian Orderを受け付けます。
○Lozat the Numismatist
・トラメル、ブリタニア、ブリテイン東バンクにいます。
・Copper Shilling、Silver Crown、Gold Sovereignを受け付けます。
○Calaid the Soldier
・トラメル、ブリタニア、ブリテイン城入口の北ガードタワーにいます。SPシャードではブリテイン西バンクの南西のガードタワーにいます。
・Ophidian Ration、Slippery Snake Skinを受け付けます。
○Onoe the Soldier
・トラメル、ブリタニア、ブリテイン城入口の南ガードタワーにいます。SPシャードではブリテイン西バンクの南西のガードタワーにいます。
・カース属性のAF、ガレキ、Planesword、Planeshield、Staff of Pyros、Vorpal Blade、Magical Weapons (Power, Vanquishing, Mystic)、Ophidian Weapons (Power, Vanquishing, Mystic)、Berserker’s Scythe、Ophidian Berserker’s Bardiche、Invalis’s Burcheteを受け付けます。

個人的に気になるというかもらおうと思うのは、ナイトサイトイヤリング・サッシュ・蛇ブーツ・ナイトアーマーくらいかな。
ポイントがあまればスキスクのいいかもですがあんまり欲しくも…。ナイトアーマーについてはこれだけだと正直へぼへぼだし何か付加価値がありそうな気が。
だとしたらそれ次第でがんばってそろえてみたいな。
なにげに奉納対象の詳細も。オレンジ棒や黒クリスは結構あまってるので、これがバーサーカー鎌と同じようなポイントなら結構いろいろもらえるかも。
あとセキュア数とってるCAFも処分できそうで一安心w

また確実な情報ではないですが、あくまで今回のはクリーンナップブリタニア2008の”第一弾”であるという話も。
だとすれば今後交換品もかわるだろうし、交換システムも納得ですね。(チケットでセキュアを軽減して保管。第二弾以降も使える?)
今回の交換品は、難易度を考えれば納得ですが、ブラックロックと比べるとがっかりな感じですがこれが本当なら次回以降に期待!!!……かなぁw
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。